女児の全裸写真所持疑い、男を書類送検 兵庫県で初

児童のわいせつ画像を携帯電話に保存していたとして、兵庫県警垂水署は25日、児童買春・ポルノ禁止法(単純所持)の疑いで、神戸市垂水区に住む会社員の男(22)を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。兵庫県警によると、個人が趣味で持つ「単純所持」容疑が処罰の対象となった2015年7月以降、摘発は県内で初めて。

 捜査関係者によると、書類送検容疑は今年6月17日、性的好奇心を満たすため、13歳未満とみられる女児の全裸写真など5点をスマートフォンに保存していた疑い。男は「インターネットで収集した。ほかにも数百枚、保存していた」と容疑を認めているという。

 男は同月15日、同区の路上で、スマートフォンに保存していた少女のわいせつ画像を同区の小学6年の女児(12)に見せたとして、県迷惑防止条例違反の疑いで垂水署に逮捕されていた。

 国内では児童ポルノの単純所持は黙認されていたが、国内外から批判があり、14年6月に法改正。所持した場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金とする刑事罰を導入した。
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201608/0009425788.shtml


カラオケ店員が少年にわいせつ行為 容疑で逮捕

 18歳未満の少年にわいせつな行為をしたとして、福井県警小浜署は22日、県青少年愛護条例違反容疑で滋賀県東近江市大塚町のカラオケ店従業員の男(34)を逮捕した。

 逮捕容疑は6月下旬ごろ、同県おおい町内で、18歳未満と知りながら少年にわいせつな行為をしたとしている。
http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/newsplus/1471911633/


男子中学生が同級生女子の裸画像をLINEで拡散 「乗りでやった」

「乗りでやった」中学校で不適切画像、LINEで拡散
2016年08月24日 11時01分

佐賀県北部の中学校で、女子生徒がスマートフォンの無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使い、自らの体の一部を露出した不適切な画像を送り、受け取った男子が拡散させていたことが23日までに分かった。
学校は画像送信から2、3日後に、他校を含む受け取った生徒十数人の携帯電話から画像を削除させた。

学校によると、5月の連休明けにスマホを買ってもらったばかりの1年生の男子が、同級生の女子に「面白い画像を送って」と呼び掛け、女子が顔も特定できる形で画像を送った。

生徒の1人が職員に相談して発覚した。聞き取りでは、さらなる拡散につながるインターネット上への投稿はなかったという。

学校は保護者会で報告し、他の生徒にも注意を促した。「2人の間にいじめや脅迫、強要があったわけではなく、ともに『乗りでやった』と話している。スマホの取り扱い方や、指導の時期を入学直後に早めるなど対策を考えたい」と話している。
http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/poverty/1472097247/


17歳少女相手に女同士のわいせつ行為 スマホで撮影 男を容疑で逮捕 早良署

福岡県警早良署は22日、福岡県那珂川町、自営業の男(52)を福岡県迷惑行為防止条例違反(わいせつな行為)および児童買春・ポルノ禁止法違反(児童ポルノの製造)容疑で逮捕した。

 調べでは、男は仲間の女=逮捕当時(25)=と共謀。

 3月19日に、福岡市内の公園と女の自宅で、女が少女(17)を相手にわいせつな行為を繰り返し、男は2人の行為の様子をスマートフォンで撮影し、児童ポルノを製造した疑い。

 仲間の女は、7月19日に福岡県青少年健全育成条例違反(わいせつな行為)容疑で逮捕されている。
http://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/268998