精通間もないサッカー少年とショタセックス&ハメ撮りした西森文宣に懲役12年

コーチをしていたサッカーチームの複数の男児にわいせつな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反と強制わいせつの罪に問われた神戸市東灘区の無職、
西森文宣被告(45)に対し、横浜地裁は17日、懲役12年(求刑・懲役15年)の判決を言い渡した。
大森直子裁判官は「コーチへの信頼心、性的知識の不十分さや判断力の未熟さにつけ込んだ卑劣な犯行」と批判した。
判決によると、西森被告は2010年10月?12年3月、チームの当時8?11歳の男児5人を大阪府内のアパートや自宅に連れ込み、わいせつな行為をした上、カメラ付き携帯電話などで撮影。
昨年2月、インターネットを通じて知り合った男にこれらの画像データを提供した
http://inakanews.doorblog.jp/archives/32257444.html

関連記事

Filed under: ニュース

3 Comments

  1. その凄く魅力的なタイトルやめてくださいよ…
    なんともうらやまけしからんコーチだ

  2. な、なんといううらやまけしからんことか。
    [打消]撮影して他人に渡さなければばれなかったはず[/打消]……まあ、実際に手を出しちゃ駄目ですよね。

  3. ショタコンの風上にも置けない奴だな。
    当たり前。因果応報だわ。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Comment *
Name *
Email
Website

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください