福岡県警の警官逮捕、今年3人目 巡査長、児童ポルノ公開容疑

パソコンのファイル共有ソフトで児童のわいせつな動画をインターネットに公開したとして、佐賀県警は21日深夜、児童買春・ポルノ禁止法違反(公然陳列)などの疑いで、福岡県警北九州市警察部機動警察隊巡査長の細田岳彦容疑者(31)=北九州市小倉北区宇佐町=を逮捕した。同県警の警察官が逮捕されるのは今年に入って3人目。
 22日未明に記者会見した同県警の高木正浩首席監察官は「大変申し訳ない。重く受け止めている」と謝罪した。
 逮捕容疑は7月29日、自宅のパソコンからファイル共有ソフト「シェア」を使い、女児が写った児童ポルノ動画1本をインターネットに公開した疑い。佐賀県警がサイバーパトロールで動画を見つけ、捜査していた。動画の入手経路や動機を調べる。
 佐賀県警によると、細田容疑者は「間違いありません。自分がやったことです」と話し、容疑を認めているという。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_sougou/article/34571

関連記事

Filed under: ニュース

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Comment *
Name *
Email
Website

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください