【社会】府児童ポルノ規制条例に基づき「LINE」に違法有害情報の流通を防ぐ対策を要請-京都府・京都府警

■「LINE」に性的犯罪対策を要請 京都府、府警■
スマートフォン(多機能携帯電話)の無料通話アプリ「LINE(ライン)」を介した児童ポルノ容疑事件を受け、京都府と府警が17日、
運営会社のLINE(東京都)に対し、違法有害情報の流通を防ぐ対策を要請する文書を送付したことが、府や府警への取材で分かった。
LINEを通じて子どもたちが性的犯罪に巻き込まれる事件が相次ぐ中、自治体と警察が同社に対策を求めるのは初めて。
 府青少年課によると、府児童ポルノ規制条例は、ネット事業者に児童ポルノの流通や拡散を防ぐ責務があると明記しており、同条例に基づいて要請した。
府と府警は、LINEが児童ポルノや児童買春など性的犯罪に悪用される状況が続いているとして、同社の現状の対策では不十分だと判断した。
文書では対策として、
利用者と保護者に対する適正利用の広報▽
児童ポルノ事件や児童買春の温床になりやすい「掲示板アプリ」の悪用防止▽
利用者が違法有害情報に容易にアクセスできない仕組みづくり-の3点を求めた、という。
LINE社は、京都新聞社の取材に対し「文書が届いておらず、確認できていないためコメントを控える」としている。
府警は6月までに、LINEで児童ポルノ動画を交換したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、
宇治市の高校2年の男子生徒(17)を逮捕し、神奈川県の中学2年の男子生徒(13)を児童相談所に通告した。
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1374109093/

関連記事

Filed under: ニュース

2 Comments

  1. ありゃ、おしりも性器云々の記事が上がんのかと思ってた
    LINEもTwitterも18歳未満はやらん方がええね

  2. >>3812さん
    ご連絡頂きありがとうございます。
    早速削除させて頂きました。
    管理不行き届きで申し訳ございません。


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Comment *
Name *
Email
Website

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください