<児童ポルノ製造>小学校教諭起訴 勤務先で水着着替え盗撮

小学校の男性教諭が女子児童の着替えを盗撮した事件で、高松地検は12日、高松市の公立小学校教諭、
中川義光容疑者(37)を児童買春・ポルノ禁止法違反(盗撮による児童ポルノ製造)罪で起訴した。
これを受け、県教育委員会は中川被告を判決が確定するまで休職とする分限処分にした。
処分は13日付。県義務教育課によると、今後は別途、懲戒処分も検討する。

 起訴状などによると、中川被告は今年6月1日と同8日、勤務先の高松市内の小学校で腕時計型の動画撮影機器を使い、
小学校低学年の女子児童が水着に着替えている姿を撮影した、としている。【伊藤遥】
http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/news/1471424974/