一橋大学の男子学生が同級生にホモだとカミングアウト → LINEで周りに言いふらされ授業中に自殺

記事によると

・同性愛者であることを友人たちに知られ、自殺した一橋大学法科大学院の男子学生の両親が、相談を受けていた大学などに賠償を求める訴えを起こした

・男子学生は去年4月、男の同級生に自分が同性愛者であると打ち明けたところ、LINEでを通じて複数の同級生たちに言いふらされた

・男子学生は大学の担当者に相談したが、4ヶ月後、授業中に自殺を図って亡くなった

・男子学生の両親は、暴露した同級生と「対応を怠った」として大学に対し、合わせて300万円の損害賠償を求めている

・一橋大学は「裁判の場で明らかにする」としている
http://blog.esuteru.com/archives/20000138.html