巡査長、児童ポルノ製造の疑い みだらな行為を動画撮影

 静岡県警は2日、川崎市麻生区金程1丁目、警視庁綾瀬署地域課巡査長の木下博彰容疑者(26)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)の疑いで逮捕し、発表した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 少年課によると、木下容疑者は4月中旬と6月中旬、静岡県東部在住の10代女性の自宅で、女性が18歳未満と知りながらみだらな行為をし、その様子を携帯電話の動画機能で撮影した疑いがある。女性の知人からの通報で発覚した。木下容疑者は女性について「旅行先で知り合い、交際していた」などと話しているという。

 警視庁の滝沢幹滋・警務部参事官は「捜査結果を踏まえ、厳正に対処する」とのコメントを発表した。
http://www.asahi.com/articles/ASJ824104J82UTPB006.html