子どもを狙う性犯罪予防に“母娘でジュニアアイドルのサイト鑑賞”

頻繁に起きている子どもを狙った性犯罪。防犯知識を教えるのは家族の役目。万が一に備え、まずは子どもに「自分が狙われることもある」と自覚を促すことから始めよう。親や教師の目が届きにくい夏休みを目前に、子どもの防犯についてプロに話を聞いた。

「子どもは大人の女性と違い、自分が性の対象として狙われるとは思っていません。その無防備なところにリスクがあります」

 そう語るのは、子どもの防犯に詳しい危機管理アドバイザーの国崎信江さん。

 警察庁の最新統計によれば、強制わいせつの被害認知件数は6755件のうち、19歳以下が3196件、強姦も1167件中432件を未成年が占めている(平成27年)。だが、これはほんの氷山の一角。というのも、強制わいせつも強姦も、被害者の被害届がないと捜査が開始されない「親告罪」だからだ。

 こういった性犯罪は教師や親戚のおじさんなど、身近な大人から被害を受けるケースも多く、子どもが被害にあったことをなかなか親に言い出せずに事件が表面化しにくい。

「とくに小さな子どもは性に対する知識が浅く、何をされているのかわからないまま被害にあっていることもよくあります。日ごろから自分の身体の大切さや、触られたくない部分を明確に教えてあげましょう」(国崎さん)
http://www.jprime.jp/life/bosai_bohan/29484