学童保育所の経営者、男児にわいせつ行為 同僚に自首を促され「児童に対して性的虐待をしてしまった」と自ら110番通報

学童保育所の経営者、男児にわいせつ行為
2016年7月12日 16:38

自らが経営する学童保育所に通う小学校高学年の男の子にわいせつな行為をしたとして男が逮捕された。

強制わいせつの疑いで11日に逮捕されたのは、茨城県水戸市の学童保育所の経営者・坂本瞬容疑者(31)。
警察によると坂本容疑者は、去年10月、自らが経営する学童保育所に通っていた小学校高学年の男の子を
水戸市内の自宅に連れて行き、わいせつな行為をした疑いが持たれている。
わいせつ行為を知った同僚に自首を促され、坂本容疑者は「児童に対して、性的虐待をしてしまった」
と自ら110番通報したという。

坂本容疑者の携帯電話からはわいせつ行為を撮影した動画が見つかったということで、
警察は、他の児童にも同様の行為を行っていないか調べる方針。
http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/newsplus/1468309916/