元ベビーシッター、男児殺害を否認…初公判

埼玉県富士見市のマンションで2014年3月、横浜市の男児(当時2歳)を殺害したなどとして、殺人やわいせつ目的誘拐などの罪に問われた元ベビーシッター物袋もって勇治被告(28)の裁判員裁判の初公判が10日、横浜地裁(片山隆夫裁判長)で始まった。

 物袋被告は罪状認否で「殺害はしていません」と述べ、男児殺害を否認した。

 物袋被告は、男児と一緒に預けられ、現場で保護された当時9か月の弟に対する保護責任者遺棄致傷罪のほか、約20人の幼児に対する強制わいせつ罪や裸の写真を撮影したとする児童買春・児童ポルノ禁止法違反などでも起訴されている。罪状認否では、「兄弟へのわいせつの意図、誘拐の意図もなかった」などと主張し、大半の起訴事実を否認した。裸の写真を撮影したことについては認めた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160610-OYT1T50049.html