男性医師、健診で男児42人の下半身触る

千葉・船橋市の小学校で、健康診断を担当した69歳の男性医師が、40人以上の男子児童の下半身を触っていたことがわかった。

 船橋市教育委員会などによると26日、船橋市内の市立小学校で、児童への内科健診が行われたが健診を受けた5年生の男子児童や保護者から「男性医師から下半身を触られた」との連絡が相次いだ。

 学校が調査したところ、63人の男子児童のうち42人が下半身を触られたことがわかり、健診を担当した市内の診療所の男性医師も事実関係を認め謝罪したという。

 問題の医師は、この小学校で11年間にわたり校医を務めていたが、学校はこの医師の解任を要請している。船橋市教育委員会は「誠に遺憾」だとしていて、児童の心のケアに努めるとしている。
http://www.news24.jp/articles/2016/05/30/07331421.html