少年への強制わいせつで、日本人男性が逮捕ーチェンマイ

2016年5月25日、タイメディアによると、タイ北部のチェンマイのゲストハウスで、松原輝明容疑者(本籍:北海道、49歳)が逮捕された。逮捕時は2人の少年と一緒だった。

 捜査にあたっているDSI(タイ法務省特別捜査局)とチェンマイ警察署は、松原輝明容疑者は、定宿のゲストハウスで、少年とみだらな行為を繰り返していたとみており、被害者は10~15歳の少年10人程度。

 松原輝明容疑者は、容疑について大まかに認めており、2年間で21回同地を訪れていた。近くの住民からは、子どもたちにゲームのチケットなどを渡しているところを目撃されていた。また、少年愛好者として児童ポルノを撮影し、WEBに公開していた疑いもかけられている。

 性的玩具にされていた少年被害者と松原輝明容疑者との関係や、仲介業者の有無についても調べを進めている。
http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=3438&&country=2&&p=2

関連記事

Filed under: ニュース

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Comment *
Name *
Email
Website

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください