児童買春の疑いで小学校常勤講師を逮捕

18歳未満の少女に金を渡してみだらな行為をしたとして、愛知県警は24日、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、同県豊明市立中央小学校常勤講師、浦田伸五容疑者(35)=同県瀬戸市川端町=を逮捕した。「18歳未満とは知らなかった」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑では、昨年10月29日、名古屋市港区の専門学校生の少女=当時(16)=に2万円を渡し、同市中川区のホテルでみだらな行為をしたとされる。

 県警によると、浦田容疑者は少女とスマートフォンの出会い系アプリを通じて知り合った。県警のサイバーパトロールでアプリを利用していた少女に接触し、発覚した。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016042490200419.html