初公判で起訴内容否認 三重、御浜の中2誘拐の被告

昨年11月、三重県御浜町の当時中学2年の女子生徒(14)を連れ去ったとして、未成年者誘拐などの罪に問われた高知市の会社役員波川智央被告(33)の初公判が19日、津地裁(水野将徳裁判長)であり、被告は「待ち合わせをして一緒に家に行ったのは事実だが、本人の意思に反してはいない」と起訴内容を否認した。弁護側も、同意の上だったとして無罪を主張した。

 検察側は冒頭陳述で、女子生徒にスマートフォンの電源を切るよう指示するなど発覚を免れようとしており、誘拐の認識はあったと指摘した。

 起訴状によると、スマホの出会い系アプリで知り合った女子生徒が未成年者だと知りながら家出するよう誘い、昨年11月18日に御浜町内から車で連れ去り、三重県警に逮捕される12月22日まで、高知市内の自宅で寝泊まりさせるなどしたとされる。

 波川被告は昨年11月、滋賀県内のホテルで別の女子中学生に現金を渡してみだらな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)罪でも起訴されており、公判で一括審理される。同罪については起訴内容を認めた。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016041990194443.html