NHK元リポーターを逮捕、児童ポルノ保管の疑い

NHKの番組にリポーターとして出演していたアメリカ人の男が、当時17歳の女子高校生とのわいせつな行為を「隠しカメラ」で撮影し、保管していたとして逮捕されました。

 逮捕されたのは、アメリカ国籍のゼリコウ・パーテイン容疑者(30)で、2012年8月頃、東京・港区のマンションに女子高校生(当時17)を連れ込み、わいせつな行為を「隠しカメラ」で撮影し、保管していた疑いが持たれています。

 ゼリコウ容疑者は、2013年に警察が自宅の家宅捜索をした直後にアメリカに逃亡していましたが、今月13日、観光目的で日本に入国したところを逮捕されました。

 当時、ゼリコウ容疑者は、NHKで放送されていた番組にリポーターとして出演していたということです。(14日16:16)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2725434.html