児童ポルノ単純所持容疑で専門学生書類送検 埼玉県内初摘発

 所沢署は18日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)の疑いで、所沢市の専門学校生の男(21)をさいたま地検川越支部に書類送検した。容疑を認めている。同署によると、県内で児童ポルノの単純所持による摘発は初。

 逮捕容疑は平成27年8月28日、性的好奇心を満たすため、自宅のパソコンに12歳くらいで全裸の少女の児童ポルノ画像6点を所持したとしている。

 同署によると、男は同月26日、同市内の駅の上りエスカレーターで女性の背後から下着を盗撮し、県迷惑行為防止条例違反の現行犯で逮捕された。押収されたパソコンなどに児童ポルノ画像が約300枚あったことから犯行が発覚。余罪があるとみて捜査している。
http://www.sankei.com/region/news/160219/rgn1602190045-n1.html