チェンマイ、元僧侶の外国人を児童ポルノ所持容疑で逮捕

北部チェンマイ県からの報道によれば、同県ファン郡で1月6日、元仏僧の英国人の男(64)が児童ポルノの写真などをコンピューター内に所持していた容疑で英国の警察関係者立ち会いのもとで逮捕された。

昨年12月7日に発行した児童ポルノ取締法では児童ポルノの写真などを所持していた場合、5年までの禁錮刑あるいは10万バーツまでの罰金刑またはその双方が科せられる。

警察によれば、容疑者はタイで仏門に入って還俗したあとにタイ人女性と結婚していた。2人の間には子どもが1人いる。容疑者は、米国側から容疑者が児童ポルノ画像をインターネットにアップロードしたとの報告があったことからタイ警察に逮捕されることになった。
http://www.bangkokshuho.com/article_detail.php?id=6700