「バールのようなもの」を所持した男が大暴れ…車を破壊し児童を追い回す

車を破壊し児童を追い回す

2015年12月15日、20時ごろ。あま市人権ふれあいセンター周辺で、不審者事案が発生した。

平日の夜の時間帯、人権ふれあいセンターの周辺に年齢が40~50代の不審な男が現れた。男はバールの様な物を所持しており、車を損壊させた後、近くにいた男子児童を追い回していたという。

お馴染み「バールのようなもの」がここまで大活躍(?)した事案も珍しいのでは。そもそも、バールとは棒状のくぎ抜きである。短い物で10~30センチ、長い物では1メートルくらいの物もある。基本的に材質は鉄でできており、凶器として使えば危険なことは間違いない。車を破壊するのはもとより、そんなものを持って児童を追い回すなど言語道断である。
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20151224-92163479-jtown