ミスした罰として小学生を全裸で走らせる 少年野球の監督が辞任

徳島県阿南市の少年野球チームで先月、40歳代の男性監督が、練習中にミスをした小学3~5年の選手5人に、罰として全裸でランニングをさせていたことがわかった。

 監督は保護者に謝罪し、辞任した。

 元監督によると、11月28日に市内の小学校で練習中、「キャッチボールでミスをしたら裸で走ることにしよう」と提案。選手11人のうち捕球し損なうなどした男児5人が裸になり、グラウンドを1~2周走ったという。その後、保護者の中から苦情が寄せられた。

 元監督は読売新聞の取材に、「軽率な気持ちで提案してしまった。選手や保護者に申し訳ない」と話した。
http://news.livedoor.com/article/detail/10917091/