スマホで裸を見せ合う子供たち

コロラド州のデンバーから南西へ180キロほど行ったキャノンシティーという町に、衝撃が走った。11月初め、地元の大勢の高校生がネット上で自らのヌード写真を交換していたことが明るみに出たのだ。

 ニューヨーク・タイムズ紙によれば、キャノンシティー高校のフットボール部員を中心に100人を超す生徒の裸の写真が出回っていたという。児童ポルノの所持と配布は重罪とされているが、今回の事件では関係者の大半が未成年。警察は対応に苦慮している。

 どうして、こんなに大々的なセクスティング(自身の性的な写真などをネット上で交換すること)がこれまで露見しなかったのか。

集団セクスティング?

 そのカギを握るのは、「ボールト(金庫室)アプリ」と呼ばれるタイプのスマートフォンアプリ。秘密にしたい写真や動画、テキストなどを親や他人から隠すためのものだ。パスワードを入力しないと、スマートフォン内の写真などを見られないように設定できる。中には、画面上のアプリのアイコン自体を何の変哲もない計算機に見せ掛ける機能を持ったものもある。

 ティーンエージャーがヌード写真を交換する際、電子メールのほかによく用いられるのがネット上の写真共有サービスだ。

 その種のサービスの中には、投稿した写真がいつまでも保存されたり転送されたりしないように、閲覧期間を制限できるものもある。閲覧開始後10秒で写真が見えなくなる「スナップチャット」も、ずっと写真を見ることができる「インスタグラム」も、過去の集団セクスティングで使用されている。

 ティーンエージャーのセクスティングへの興味は強まっており(12年の調査によれば、4分の1近くがセクスティングの経験があるという)、しかもそれをやりやすくするテクノロジーも急速に進歩している。親や警察関係者の対策は、後手に回っているのが現状だ。

 アーカンソー州のレスリー・ルートレッジ司法長官は、親がボールトアプリについて学び、子供がセクスティングに引き込まれないよう警戒すべきだと言う。「子供にインターネットとの付き合い方を学ばせる最良の方法は、親自身がインターネットについて学ぶこと」なのだ。
http://news.biglobe.ne.jp/international/1130/nwk_151130_9643454779.html