【広島】男子中学生を触る 英語講師を逮捕

佐伯署は6日、広島市内の男子中学生(13)にわいせつな行為をしたとして、西区己斐本町1、外国語指導助手、ボーン・ジュニア・チャールズ・ケビン容疑者(28)=米国籍=をわいせつ誘拐と強制わいせつ容疑で逮捕した。
「弁護士と相談しないと話せない」と供述しているという。

 逮捕容疑は8月8日午後9時20分ごろ、広島市内の男子中学生の自宅で男子の下半身を触るなどし、さらに同9日午後4時45分ごろ、同市内の複合商業施設に連れ出し、トイレ内でわいせつな行為をしたとしている。

 同署によると、ケビン容疑者は知人を介し、「英語を教えてあげる」などと言って男子中学生と知り合ったといい、今年8月に男子の母親から同署に相談があり発覚した。

 県教委によると、ケビン容疑者は広島市内の県立高で日本人教師の英語指導を補助する非常勤講師を務めている。県教委教職員課の福嶋一彦課長は「誠に遺憾。詳細を確認し、厳正に対処する」とコメントした。
http://2log.sc/r/2ch.sc/newsplus/1444277656/l50