ネットの児童ポルノなど、要請で69%を削除

インターネット上の違法・有害情報について通報を受け付ける一般社団法人「セーファーインターネット協会」(東京)は1日、今年7月までの1年9か月間に児童ポルノやリベンジポルノなど4254件の削除要請を行い、69%が削除されたと発表した。

 同協会は2013年11月、「ヤフー」などネット関連企業が設立した。通報やサイバーパトロールで見つけた児童ポルノ画像や危険ドラッグ情報などについて、警察に通報したり、サイト運営者やプロバイダーに削除要請をしたりしている。

 同協会によると、こうした画像はアダルトサイトだけでなく、国内外のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)や画像投稿サイトにも掲載されていた。相談が遅れ、同じ画像が100近いサイトに転載されたケースもあり、同協会は「拡散を防ぐためにも早く相談してほしい」と呼び掛けている。
http://www.yomiuri.co.jp/science/20151001-OYT1T50082.html