登校中の児童二人に奇声を発しながらお湯をかけた40代無職の男逮捕 栃木

24日午前7時35分ごろ、益子町益子の路上で、益子小に登校途中の小学5年男子児童(11)と2年男子児童(7)の兄弟が、
男にお湯をかけられた。兄が右腕約1週間のやけどを負い、弟にやけどの痕跡はなかった。
真岡署は町内の無職男(48)が事件に関与したとして傷害や暴行の疑いで逮捕した。男は黙秘しているという。

同署などによると、被害児童2人は、10人程度で集団登校中だった。男は奇声を発しながら、児童にやかんでお湯をかけたとみられる。
http://2log.sc/r/2ch.sc/news/1443112148/l50