児童ポルノ法改正がロリ漫画ブームを呼ぶ?

 児童のわいせつな写真や動画の単純所持が7月15日から処罰対象になった改正児童買春・ポルノ禁止法で、初めての摘発だ。今月1日、外国人幼女の全裸画像10枚をスマートフォンに所持していたとして、沖縄県那覇市の無職男(21)が児ポ法違反の疑いで書類送致された。

 男は8月2日、那覇市内のプールにいた。利用者が「携帯で子供の写真を撮ってる不審な男がいる」と通報。駆けつけた警察官にスマホの中身を調べられ、あっさりとダウンロードして保存していた女児の全裸画像が見つかったのだ。

 男は単純所持に処罰が適用されるようになった後の今年8月にも画像を入手。児童ポルノ愛好家の男性(40代)によると「ニュージーランドなど規制の甘い国にサーバーを置いてサイトを開設して一層、希少価値の高まった児童ポルノでひと儲けしている人間もいる」という。

 だが動画投稿サイト・FC2などでも逮捕者が続々と出ている昨今、小児性愛者らが重宝しているのがロリータ漫画雑誌だという。

「この1~2年で雑誌の種類が3倍近く増えている。コンビニでも、今までエロ系写真誌だったスペースがごっそりロリ漫画誌になっている。安価だし、規制対象でないから売れているのです」(同)

 コンビニで買える漫画でも、内容は女児を襲うなど過激な内容だという。「ロリコンブームが到来した1980年代当時は連載モノの長編が多かったが、最近は読み切りが多いのも特徴。これは児ポ法の影響で、ロリコンの性処理が漫画一択になった象徴です」(同)

 長編は回によって裸が出なかったりするが、読み切りは毎回過激な性行為シーンなどのクライマックスがあるからだ。

 実際、児童ポルノ法に抵触する恐れのあった素人モノのエロ雑誌などを発行していた出版社は、続々とロリ漫画誌に乗り換え中だという。
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/444068/